スタッフブログ

このページではオリジナルTシャツの作り方のコツからノウハウまで、役立つ情報を掲載しております。オリジナルTシャツ、オリジナルスウェット、オリジナルポロシャツ、クラスTシャツ作成・プリントは【T-POP】におまかせください!

»スタッフブログのトップに戻る

【デザイン入門】イメージが変わる?配色の基本

【デザイン入門】イメージが変わる?配色の基本

オリジナルTシャツなどを制作する際、担当者を1番悩ませるのがデザインの作成です。特に、デザイン経験のない初心者の方は、頭の中にあるイメージを形にするまで時間がかかってしまうことでしょう。また、なんとかイラストやロゴなどのイメージがまとまったとしても、色をどうしようか迷ってしまいますよね。

配色はデザインの要素として欠かせないものであり、配色次第で伝えたいメッセージ性がガラリと変わることもあります。

そこで今回は、デザインを考えるうえで必要な色の知識や配色の基本についてご紹介します。

 

色の分類

色はいくつかのバリエーションに大きく分類することができます。

まずは、代表的な色の分類と、それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

有彩色と無彩色

【デザイン入門】イメージが変わる?配色の基本

有彩色とは、赤・青・黄・緑などの色味が感じられる色のことです。

有彩色はそれぞれの色ごとに与える印象が大きく異なるのが特徴で、選択する色とその組み合わせによって豊かな表現が可能です。

 

無彩色とは、白・黒、およびそのグラデーション上に位置する灰色などの色味を持たない色のことです。

無彩色は無機質で質素な印象ですが、どの有彩色ともなじみやすいという特徴があります。

 

暖色・寒色・中性色

有彩色はさらに「暖色」と「寒色」に分けることができます。

暖色は、赤やオレンジ、黄など温かいイメージの色、寒色は、青や紺など冷たい印象を与える色のことを指します。

 

また、暖色と寒色の中間に位置するピンクや緑、黄緑、紫などは「中性色」と呼ばれています。

 

色が与える印象とは?

【デザイン入門】イメージが変わる?配色の基本

同じデザインであっても、色によってそのイメージは大きく変わります。

 

赤や黄色などの暖色系は「活発」「陽気」「情熱」「楽しさ」、一方の青や紺などの寒色系は「クール」「知的」「誠実」「安心感」などの印象を感じさせる効果があります。

デザインに使用する色によって、そのもの自体やそれを身に付ける人、それを作る企業のイメージを作り上げたり、変えたりすることができます。

 

色を決めるうえで重要となるのは、自分がデザインするものに対し「どのような印象をもたれたいのか」ということです。

例えば「クールなイメージにしたい」という場合は無彩色や寒色系、また「かわいらしいナチュラルな印象にしたい」という場合は中性色をメインカラーにすると効果的です。

もし希望するイメージと異なる分類の色にしてしまうと、その印象は自分の意図から大きく離れてしまうので注意しましょう。

 

そのため、配色を考える際は、見る人に与えたい印象やイメージをふまえ、それにマッチする色を選択することが重要です。

 

基本の色数・配色比率とは?

制作物に使用する色は、複数使用する場合、3色をベースに考えるとまとまりやすいといわれています。

3色の基本的な割合として「ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%」という比率が推奨されており、それに沿って配色することで全体バランスが整いやすくなるでしょう。

 

色の決め方としては、まずメインカラーを決めて、次にベースカラーを決めます。

そのうえで最後にアクセントカラーを決めて、全体のバランスをまとめていきます。

 

では、各要素についてみていきましょう。

 

メインカラー

「メインカラー」とは、全体の印象を決定づける、主役の色のことです。前述のとおり「どのような印象をもたれたいのか」ということをベースに、主張したい色をメインカラーとして設定しましょう。

 

ベースカラー

「ベースカラー」とは、配色の中で最も大きな面積を占める色のことで、全体イメージのベースとなる、背景の色のことを指します。メインカラーが引き立つ色を選ぶようにしましょう。

 

アクセントカラー

「アクセントカラー」とは、特に注目させたい、見落とされたくないポイントに使用する色のことです。メインやベースカラーとは色相や彩度が異なる色(反対色の色)を選択すると、インパクトが強くなるでしょう。

 

おわりに

今回は、デザインを考えるうえで必要な色の知識や配色の基本についてご紹介しました。

デザイン初心者の方にとって配色はとても難しい作業ですが、少しでもスムーズに行うためには「使用する色数を少なくする」ということが重要なポイントとなります。

使われている色が多すぎると、結局どのような印象を与えたいのかがしっかりと伝わらず、まとまりのないデザインになってしまうため注意しましょう。

イメージにぴったりのデザインになるよう、今回ご紹介した配色比率を参考に制作してみてくださいね。

カテゴリー: デザイン

各種お問い合わせ方法

不明点がございましたら、スグにご連絡ください。

0120-301-138お問い合わせ・ご相談
FAXからのご注文

下記よりFAX用紙をダウンロードし、お近くの店舗までお送りください。

FAX用紙をダウンロード
店舗で直接

まずは、お近くの店舗へご連絡ください。

  • 名古屋店
  • 大阪店
  • 北海道店
  • 静岡店

お支払い・受け渡し方法

「代金引換」 または「店頭引取り」
※ご注文金額が30万円を超える場合は銀行振込

送料について

1ケース(80枚以下)商品代金3万円以上

送料無料!(北海道、沖縄、離島を除く)

1ケース(80枚以下)商品代金3万円未満

東海・関西・北陸・関東850円
信越880円
中国・四国950円
東北・九州1,000円
北海道1,350円

代引手数料について

ご注文料金1ケース

1万円未満525円
1万円以上~3万円未満630円
3万円以上~10万円未満840円
10万円以上~30万円未満1,260円

ご注文のキャンセルについて

当店から発行の確認書に承認をいただき、ご注文が確定した後はキャンセルできません。
ご注文確定後にキャンセルされる場合は、下記料金をご請求致します。

加工予定だったウェアの仕入れ元への返品送料
1枚につき735円
(商品によっては返品不可のものがあり、その際は全額買取りいただきます。)

デザイン制作料… 3,000円~
(デザイン制作料は、制作に掛かったお時間や内容によって変わります。)

お届け後の返品・交換について

オーダーメイド商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換はできません。
(デザイン承認後の誤字脱字・デザイン違い・サイズ違いに関して、当店は一切の責任を負いかねます。必ず確定前によくご確認ください。)

当店責任による不良品・商品違い等の場合は商品到着日より7日以内にご連絡後、料金着払いにてご返送ください。良品と交換いたします。

↑