スタッフブログ

このページではオリジナルTシャツの作り方のコツからノウハウまで、役立つ情報を掲載しております。オリジナルTシャツ、オリジナルスウェット、オリジナルポロシャツ、クラスTシャツ作成・プリントは【T-POP】におまかせください!

»スタッフブログのトップに戻る

【デザイン入門】おすすめのフォントとは?フォントの選び方

【デザイン入門】おすすめのフォントとは?フォントの選び方

ノベルティグッズやオリジナルTシャツなどを制作する際、デザインに使用できるフォントは数多く存在するため、どれを選んで良いのか分からず、結局一般的に使われることが多いものを選んでしまいがちです。

しかし、フォントによってその商品や企業のイメージのほか、見る人に与える印象も大きく変わるため、できればしっかりと選びたいものです。

そこで今回は、フォントが見る人に与えるイメージや、適切なフォントの選び方についてご紹介します。

 

フォントが与えるイメージとは?

まったく同じ文章でも、フォントが変わると読み手へ与える印象も大きく変わるものです。例えば新聞に使われるフォントが、広告で使われるような、ポップな雰囲気のフォントだと、少し違和感を覚えてしまいますよね。

 

伝えたいイメージと受け手が感じるイメージの食い違いはできるだけ避けたいもの。

それを防ぐためには、フォントごとのおおまかな特徴を把握しておくことが大切です。

 

まずは標準的な日本語フォントである「明朝体」と「ゴシック体」の特徴と、それぞれが見る人に与えるイメージについてみていきましょう。

 

明朝体

【デザイン入門】おすすめのフォントとは?フォントの選び方

明朝体は、楷書体を基に作られた、書籍や文書で一般的に使われている代表的なフォントです。

縦線が太く横線が細くなっており、文字の端には毛筆で書かれた文字にみられるような「うろこ」と呼ばれる三角形の飾りがあります。

強弱があるため可読性が高く、読んでいて疲れを感じにくいという特徴があります。

 

明朝体は「上品」「知的」「優雅」「繊細」「フォーマル」といったイメージを与えられます。

ゴシック体

【デザイン入門】おすすめのフォントとは?フォントの選び方

ゴシック体は縦線と横線ともに線の太さがほぼ同じで遠くからでも見えやすく、インパクトが強いため、屋外看板や文章の見出し、タイトルなどに使われることが多いフォントです。

小さくても読みやすいという特徴があるため、雑誌本文や書籍の注釈などにも多く使用されています。

 

またゴシック体は、「親近感」「カジュアル」「信頼」「力強さ」「存在感」といったイメージを与えられます。

 

フォントの選び方

デザインに使用するフォントは種類により、そのグッズ自体の印象が変わるほか、それを見る人、受け取る人に与える企業イメージにも影響を及ぼします。

 

例えば、企業イメージに合わせて制作したロゴやイラストのデザインがポップでカジュアルな雰囲気のものなのに、企業名や商品名のフォントが明朝体のフォーマルな雰囲気のものだと、イメージバランスが崩れてしまい、デザインを通して伝えたい、印象づけたいと思っていることが、きちんと伝わりにくくなってしまいます。

 

そのため、フォント選びはデザインの一貫として、全体的なイメージに合わせる必要があります。

 

書体

まずは前項を参考に、デザインの方向性に合わせ「伝えたい・印象づけたいイメージ」にマッチする書体(明朝体またはゴシック体)を選びましょう。そのうえで、さらに細かく選定していきます。

 

明朝体には、基本の明朝体よりも手書きに近い「教科書体」や、筆で書いたような雰囲気の「筆書体」などがあります。ゴシック体にも、線の端が丸くかわいらしい印象の「丸ゴシック体」や、クセが少なく読みやすい「ヒラギノ角ゴシック」など、それぞれに多くの種類が存在します。その中から、全体デザインにマッチするものを選択してください。

 

太さ

同じフォントでも、文字の太さによって印象はガラリと変わります。

例えば、太い文字では「力強さ」や「活力」のほか「男性的」なイメージ、細い文字は「先進性」や「丁寧さ」、「女性的」なイメージを与えることができます。

 

サイズ・文字間隔

フォントのサイズや間隔も、デザインするうえで重要なポイントとなります。

例えば、企業イメージをロゴだけで表現したい場合はフォントサイズを大きくしたり、企業イメージをイラストなどで表現する場合は企業名部分のフォントは小さくしたりなど、全体デザインを踏まえてフォントサイズを決めるようにしましょう。

 

また、文字間の間隔も印象を左右する要素となります。

文字間隔が狭いほど勢いのある印象、間隔が広いと冷静な印象を与えることが可能です。

 

おわりに

今回は、フォントが見る人に与えるイメージや、フォントの選び方の基本についてご紹介しました。

雑に決めてしまいがちなフォントですが、実はイメージを左右する、重要な要素の1つです。

自分が伝えたいことを見る人にしっかりと受け取ってもらうためにも、基本的なフォントの特徴と与える印象を踏まえて、企業や商品のイメージにマッチする、適切な種類のフォントを選ぶようにしましょう。

カテゴリー: デザイン

各種お問い合わせ方法

不明点がございましたら、スグにご連絡ください。

0120-301-138お問い合わせ・ご相談
FAXからのご注文

下記よりFAX用紙をダウンロードし、お近くの店舗までお送りください。

FAX用紙をダウンロード
店舗で直接

まずは、お近くの店舗へご連絡ください。

  • 名古屋店
  • 大阪店
  • 北海道店
  • 静岡店

お支払い・受け渡し方法

「代金引換」 または「店頭引取り」
※ご注文金額が30万円を超える場合は銀行振込

送料について

1ケース(80枚以下)商品代金3万円以上

送料無料!(北海道、沖縄、離島を除く)

1ケース(80枚以下)商品代金3万円未満

東海・関西・北陸・関東850円
信越880円
中国・四国950円
東北・九州1,000円
北海道1,350円

代引手数料について

ご注文料金1ケース

1万円未満525円
1万円以上~3万円未満630円
3万円以上~10万円未満840円
10万円以上~30万円未満1,260円

ご注文のキャンセルについて

当店から発行の確認書に承認をいただき、ご注文が確定した後はキャンセルできません。
ご注文確定後にキャンセルされる場合は、下記料金をご請求致します。

加工予定だったウェアの仕入れ元への返品送料
1枚につき735円
(商品によっては返品不可のものがあり、その際は全額買取りいただきます。)

デザイン制作料… 3,000円~
(デザイン制作料は、制作に掛かったお時間や内容によって変わります。)

お届け後の返品・交換について

オーダーメイド商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換はできません。
(デザイン承認後の誤字脱字・デザイン違い・サイズ違いに関して、当店は一切の責任を負いかねます。必ず確定前によくご確認ください。)

当店責任による不良品・商品違い等の場合は商品到着日より7日以内にご連絡後、料金着払いにてご返送ください。良品と交換いたします。

↑