スタッフブログ

このページではオリジナルTシャツの作り方のコツからノウハウまで、役立つ情報を掲載しております。オリジナルTシャツ、オリジナルスウェット、オリジナルポロシャツ、クラスオリジナルTシャツ作成・プリントは【T-POP】におまかせください!

»スタッフブログのトップに戻る

パーカーの「オンス」とはどういう意味?知っておきたい生地の選び方

パーカーの「オンス」とはどういう意味?知っておきたい生地の選び方

イベントなどの開催に向けてオリジナルパーカーを作る際、色やデザインなどの外見を工夫することも大事なことですが、パーカーは着用してこそ意味があるもの。できれば着用していて着心地の良いものにしたいですよね。

普段私たちが夏服と冬服を使い分けるように、パーカーにも厚手のタイプと薄手のタイプがあります。

着心地の良いパーカーの生地を選ぶにあたり、知っておきたいことが生地の厚さを示す「オンス」です。

そこで今回は、パーカーの生地選びに役立つオンスの意味や、季節に合わせた生地の選び方をご紹介します。

パーカーに表示される「オンス」の意味

パーカーの「オンス」とはどういう意味?知っておきたい生地の選び方

オンスはTシャツやパーカーなどの衣類に表示される生地の厚さの指標です。アルファベットでは「oz」と表記されます。

 

日本で重さの単位といえばグラムが主流なので、「オンス」という単位に聞きなじみのない方が多いかと思いますが、これは重さの単位です。

アメリカではポンドやオンスという単位を使います。ちなみに、グラム表記で1オンスは28.35gになります。

Tシャツもパーカーも元はアメリカから輸入されてきたものであるため、今でもその名残が残っているというわけです。

 

生地に表記されているオンスは重さのことを表す単位ですが、これは1平方ヤード(0.836平方メートル)あたりの重さのこと。この数値が大きければ大きいほど1平方ヤードのあたりの生地が重い、つまり厚い生地であると判断できます。

目安としては、夏に着るような薄めのTシャツなら3~4オンス、少し厚めのTシャツなら5~7オンス。パーカーは9~13オンスのものが多くなります。なお、パーカーに使われる生地の中でも比較的厚いことで知られるスウェット生地は、13オンス程度です。

 

季節別おすすめの厚さ

オリジナルパーカーを作る際、春や秋、季節の変わり目の少し肌寒い時期に着るのであれば9~10オンス程度のパーカーを選ぶと良いでしょう。寒さが増す冬なら、12オンス以上を目安に選びたいところです。

中には19オンスのものもあります。これだけ厚みがあれば真冬でもかなり重宝するでしょう。

 

オンスと合わせてチェックしたいポイント

オリジナルパーカーの生地を選ぶ場合は、オンスと併せてチェックしたいポイントもあります。

 

糸の太さ

商品に記載されるオンスはあくまで1平方ヤードあたりの重さです。同じ重さだったとしても、生地の密度が違えば厚みが変わることもあります。

例えば、細い糸で作られた生地は密度が低いため、オンスの数値が高くても薄手に感じるでしょう。反対に、空気を含んだ糸が使われていれば生地の密度は下がるため、オンスの数値が低くても厚く感じることがあるのです。

そのため、同じ生地同士を比較する場合はオンスをチェックしておけば良いのですが、違う生地を比較する場合は、糸の太さにも着目すると良いでしょう。

 

糸の太さには「番手」という数値が使われます。これは1ポンドの糸があったときに、その全長が840ヤードの何倍になるかという数値です。「番手」の数字が大きくなれば大きくなるほど細い糸になると覚えておくと良いでしょう。

 

裏生地

パーカーの「オンス」とはどういう意味?知っておきたい生地の選び方

パーカーの着心地は、生地の厚みだけでなく裏生地の種類によっても異なってくるでしょう。

パーカーによく使われる裏生地には、「パイル生地」と「裏起毛」の2種類があります。

パイル生地はタオルのような質感で保湿性と吸水性に優れているため、汗をかいても不快に感じにくいことが特徴です。

 

一方、裏起毛はふんわりと柔らかな質感を持っています。また空気を含みやすいため保湿性がパイル生地以上に高く、体温を逃がしにくいことが特徴です。

着用する季節はもちろん、着用する環境も考慮し、体を動かすことが多いのであればパイル生地、長時間同じ姿勢で動くことが少ないのであれば裏起毛を選ぶと良いでしょう。

 

おわりに

オリジナルパーカーの作成で生地を適当に選んでしまうと、着るときの環境に合わないパーカーができてしまうかもしれません。

このような失敗を避けるために、オンスは確認するべき項目といえます。パーカーの生地の厚さを表すオンスについて詳しくなれば、オリジナルパーカー作りに役立つはずです。

生地が違うパーカーを比較するのであれば、生地の密度によっても厚さが変わること、裏生地によっても快適さが異なることに注意して、着用する環境に合わせた厚さのパーカーを作りましょう。

 

カテゴリー: オリジナルパーカー・スウェット

各種お問い合わせ方法

不明点がございましたら、スグにご連絡ください。

0120-301-138お問い合わせ・ご相談
FAXからのご注文

下記よりFAX用紙をダウンロードし、お近くの店舗までお送りください。

FAX用紙をダウンロード
店舗で直接

まずは、お近くの店舗へご連絡ください。

  • 名古屋店
  • 大阪店
  • 静岡店

お支払い・受け渡し方法

「代金引換」 または「店頭引取り」
※ご注文金額が30万円を超える場合は銀行振込

送料について

1ケースあたりの送料

関東・信越・北陸・中部・関西1,100円
東北・中国・四国・九州1,200円
北海道2,380円
沖縄(本島)3,780円~

※離島へ発送の際は、別途お問い合わせ下さい。
※商品代金3万円以上は1ケース分の送料無料!
(北海道・沖縄・離島への発送時、無地購入時を除く)

代引手数料について

ご注文料金

1万円未満500円
1万円以上~3万円未満600円
3万円以上~10万円未満800円
10万円以上~30万円未満1,200円

ご注文のキャンセルについて

当店から発行の確認書に承認をいただき、ご注文が確定した後はキャンセルできません。
ご注文確定後にキャンセルされる場合は、下記料金をご請求致します。

加工予定だったウェアの仕入れ元への返品送料
1枚につき700円
(商品によっては返品不可のものがあり、その際は全額買取りいただきます。)

デザイン制作料… 3,000円~
(デザイン制作料は、制作に掛かったお時間や内容によって変わります。)

お届け後の返品・交換について

オーダーメイド商品の性質上、お客様のご都合による返品・交換はできません。
(デザイン承認後の誤字脱字・デザイン違い・サイズ違いに関して、当店は一切の責任を負いかねます。必ず確定前によくご確認ください。)

当店責任による不良品・商品違い等の場合は商品到着日より7日以内にご連絡後、料金着払いにてご返送ください。良品と交換いたします。

↑